パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

切って重ねるだけでおいしくなる魔法の調理法「重ね煮」

お楽しみさまです!
一皿入魂のマクロビオティック・パーソナルシェフ松本敏弘です。

今日は「重ね煮」についてお話しします。

 

野菜は皮もむかなければアク抜きもしない、
まるごと使って切るだけ。

 

使う調味料は塩のみ。

 

至ってシンプルな調理法なだけに、
作るとききの気持ち、丁寧な切り方、
火の入れ方など人によって味が変わるのは面白いです。

 重ね煮

注意するのは鍋の中で材料を重ねる順序と
弱火でじっくり火を入れる加減だけ。

 

重ね煮で一番のポイントになるのが重ねる順番です。

 
基本は地上にできるものが鍋の下
地下にできるものが鍋の上です。

 

こんな感じです。

 
・キノコ類
・なすトマトの果菜類
・キャベツや葉菜類
・里芋、じゃが芋などの芋類
・ごぼうや人参の根菜

 

鍋底と重ねた食材の上に
ひとつまみの塩をふります。

 

塩の力で出てきた
野菜の水分だけで煮込むので、
野菜の味が濃厚になります。

 

下の方に陰性の野菜を
上へ向かうエネルギー▲

上の方に陽性の野菜を
下へ向かうエネルギー▼

 

鍋の中でエネルギーが対流し
調和して絶妙な味わいに仕上がります。

 
とにかくたったこれだけなのに
不思議なくらいおいしく出来上がります。

 
重ね煮に使う鍋は、厚みがあって蓋が密閉できるタイプ
のものを使用すると旨みを逃がさず
焦げる事なく上手にできます。

 
出来上がった重ね煮は常備菜として

 
・味噌汁の具
・麺類のトッピング
・サラダ、和えもの
・コロッケ
・春巻き、餃子の具

 
などに展開できます。

 
保存容器に入れ冷蔵庫で1週間くらい
日持ちすので少し多めに作っておけば
忙しい平日も安心しです。

 
ちなみにボクが最初に「重ね煮」に出会ったのは
自然食宿「わら」の船越康弘氏の本です。

 
参考にしてみてください。
http://amzn.to/mQcpiX

明日は「フライパン天日干し」
という調理法について
お届けします。
お楽しみに!

 

メルマガタイトルPC用

毎日スマホで学べるメール講座
登録はこちら→https://www.agentmail.jp/form/pg/1901/1/

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP