パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

常備菜は1週間分の料理をする自分への貯金

「忙しい毎日
帰宅してからの料理に時間がかけられない」
 
「会社帰りまたデパ地下、スーパーのお惣菜か~」
 
「今夜、何作ろうか...」
 
「作りだめしておいて
数日食べられる方法がないかしら?」
だけど、
育児や仕事で忙しいなかで料理をつくるのは
ものすごく大変ですよね。
週のはじめ月曜日に常備菜があると安心です。
作り置きjpeg
実際パーソナルシェフのクライアント様からの
作り置きのリクエストの多いのは、
月曜日と木曜日です。
 
それは週のはじめに常備菜が
あると安心なのと、
 
週の半ばにそろそろ
常備菜が尽きてくるからだと思います。
 
自分で作る方は、
週末と水曜日くらいに
常備菜を作る方
多いのではないでしょうか?
 
常備菜があると
 
外食やデパ地下、スーパーで
お惣菜を買ったり
冷凍、レトルトに頼ることなく
 
自分、家族の好みの味付けのおかずに
あと1品できたてのおかずを用意するだけで
満足して食卓を囲めます。
そんな常備菜があれば、
仕事帰りの足取りも軽く、
家族を大幅に待たせることなく
食事の支度ができ、
そのぶん
余った時間とエネルギーを
自分の本当にやりたいことに使えると思いませんか?
常備菜は1週間分の料理をする自分への貯金。
常備菜があると便利なのは十分わかります。

だけど・・・・

 

そんな思いから
脱出したいと思いませんか?
そこで大切なのは
レシピをたくさん知っていることではありません。
みなさんのお宅にも
たくさんあるレシピ本
日々検索するレシピサイト
どんなにレシピをたくさん知っていても
・レシピ通りの食材がないとダメ
・レシピの食材を買いにいくのが結局大変
・買った食材を余らせて無駄にしてしまう
そんな思いをしたことはないですか?
あなたに必要なのは
発想法かもしれませんよ。
では
常備菜の発想法って一体どういうことなのか?
こちらの講座でお伝えしています。
●詳細
▼▼▼
http://personal-chef.jp/2017/05/2459/

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP