パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

愛情は最高の調味料

お楽しみさまです!松本敏弘です。
 
 
 
今日は久しぶりの雨で
ほっと一息でした。
 
 
パーソナルシェフは
クライアントを担当すると、
 
 
毎週定期的にクライアントのキッチンを
預かってお料理します。
 
 
家族、学校の行事、
体調不良など
いろんな事情で伺えない日も
ごく稀ですがあります。
 
 
そんな日もあるさあ。
 
 
そんな時は何とかヤリ繰りして
ピンチヒッターを立てるわけですが、
 
 
それでも
どうしても都合のつかない時は
僕が指名打者となって
伺わせていただきます。
 
 
という訳で
パーソナルシェフは
まだまだ足りていません!
 
 
久しぶりのご家族との交流は
懐かしく、
楽しく、
ありがたいです。
 
ホントに。
 
 
パーソナルシェフの
つくる料理って何だろう?
 
 
改めて自問
 
 
久しぶりのキッチン
初心に戻る瞬間です。
 
 
パーソナルシェフのつくる料理は
召し上がる人に対する愛情を
とことん突き詰めた料理。
 
 
愛情は思っているだけでは伝わらない。
言葉にしなければ伝わらない。
カタチにしなければ伝わらない。
 
 
料理が上手かどうかではない...
 
 
あなたのために作ったよ!
というあふれんばかりの愛情。
 
愛情が最高の調味料
 
 
そんなお料理がつくれるようになる
16期パーソナルシェフ養成講座は
8/6スタートです。
 
 
3ヶ月後にはクライアントのキッチンに
立っているあなたがいる。
 
 
あなたの料理を待っている人が必ずいます。
 

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP