パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

愚痴を言いたくなる時もある

お楽しみさまです!松本敏弘です。
 
本日からお盆明け
本格始動の方も多いでしょうか。
 
 
すいません
ちょっと
毒吐きます。
 
 
仕事していると
いいことばかりじゃなくて
 
 
時には、
 
 
悲しいこと
悔しいこと
やり切れない
こともあります。
 
 
僕の場合
一番堪えるのが
シェフが去って行く時。
 
 
一時期
信頼していた
シェフが立て続けに
辞めていった時があったんです。
 
 
なんで辞めていったのか
理由を聞くと、
 
 
人それぞれ。
 
 
・家庭の事情、引越し、転勤
・始めた頃と状況が変わった
・他にやりたいことが出来た
・自分でやってみたくなった
 
 
僕の基本スタンスは、
 
来るもの拒まず
去るもの追わず
 
 
なので
余り気ににしないけど、
 
 
さすがに
そういう事が続くと、
 
正直何か自分に
問題があったのかな?
 
 
仕事する環境に
不満があるんだろうか?
 
 
ホントのところどうなの?
 
て自問するわけです。
 
 
あれこれ新しいことに
チャレンジして
突っ走っていると、
 
 
うしろ振り返ると
誰もいない...
 
 
自分の意識が届かず
もしかしたら
寂しい思いをさせてしまったかな...
 
 
なんて自省してみる。
 
 
そんな時
SNSや
風の便りで
 
 
元シェフが
元クライアント宅で
仕事しているとか、
 
 
陰口を吹聴しているとか
耳にしたりすると、
 
 
本当に
やり切れない気持にで
心がチクチク痛む訳です。
 
 
以前の僕は
数日間落ち込んだり、
 
人間不信にもなりましたよ。
 
 
でもね、
「全ては自分の責任」
と思い定めてからは、
 
 
相手にそういう
行動をさせた原因が
自分の中にあったと受け止めて
 
 
今後そういうことが
起こらない為の
仕組みづくりをするのが
自分の成長だと
考えるようになりました。
 
 
で、改めて辞めた
理由を推測してみると、
 
 
・自分のやり方でやってみたい
 
・もっと稼ぎたい
※直接クライアントと契約すれば
当然取り分は増える
 
・自分と相性のいい
クライアントだけとやりたい
 
などなど
 
 
だとしたら
それを叶える仕組みを
用意すればいいじゃないか
と想ったのが
 
 
今回の新プロジェクトを始めた
理由のひとつ。
 
 
僕自身が
縛られるのも、
 
人を囲い込んだり
縛ったりするのが嫌いな
組織に馴染めない個性。
 
 
大好きな料理で
自立する方法を
身につければ、
 
 
多くの問題は
解決するはず。
 
 
だって
自分自身の仕事なんだから
 
 
歓びも、楽しさも
辛いことも、大変さも
すべて自分のもの。
 
 
その先にある
理想の未来が叶うなら
がんばれるでしょう^^
 
 
大好きな料理で自己実現
それを通して
世の中を良くしていきたい
 
 
それを同志として
トコトン応援する。
 
 
そんな立ち位置が
自分らしいかなと
思っています。
 
 
僕も成長して行くし
パートナーとして
一緒に成長できる人と
出会っていきたいんです。
 
 
新プロジェクト
「あなたが街の
パーソナルシェフになる」
 
===========
 
料理で自立!
自分スタイル発見
〜料理をシゴト!
が叶う個別セッション〜
▼ ▼ ▼
 
============
 
いよいよ
来週28日までです。
 
 
今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP