ホーム・パーソナルシェフ

「家庭料理とは何か」
継承すべき日本の家庭料理について学び
日本の食卓を守る料理人

ホーム・パーソナルシェフ

テーマ:「自分で実践」

誰も教えてくれなかった!プロの家庭料理人が教える、家庭料理力を向上する食の講座。 家庭料理における食事の意義を理解し、自宅での「究極の家庭料理」ができるようになる。

受講時間2.5〜3時間(1講座)
受講料8,000円税別(1講座)
認定登録料5,000円税別(3つの講座を全て終了された方)

こんな方に人気の講座です

  • お料理を教えたり、食の大切さを伝える活動を目指したい
  • 家族の健康を毎日の食でしっかり守りたい
  • 家庭料理で子ども達をしっかり育てたい、食の大切さを伝えたい
  • 家庭料理に自信を持ちたい

講座のゴール

家庭料理に自信をつける、家庭料理上達の奥義を学ぶ→自宅等で、家庭料理の楽しさ、大切さを伝える、料理教室・食イベントを主宰する
【協会正会員の方】 3つの講座を終了されると、協会認定のホーム・パーソナルシェフとして、公式テキストを使用して教室ができます。

ホーム・パーソナルシェフは、3つの講座で構成されています

 
ホームパーソナルシェフ養成講座ベーシック

食べ方が変わると、生き方が変わる「食べ方革命」

年間1200回以上、クライアントのキッチンで料理するプロの家庭料理人が教える、誰も教えてくれなかった「家庭料理」の本質を学ぶ。家庭料理に本当に求められる大切なことは何か。これさえわかれば、家庭料理が変わる!パーソナルシェフ養成講座の入門編、土台づくりとなる講座です。

【目標】
家庭料理にとって何が大切なのかを発見する。 栄養やカロリーだけでなく、普段見えない想いや、生命を作る何より優先すべき大事なものが食にあることを学ぶ
【課題】
家庭料理を見直したい。食で人を良くしたい。
【講座の内容】
  • 現代の家庭料理の課題
  • 食べることの本質を知る
  • 日常の家庭料理にとって大切なこと=マインドセット
  • 調理の姿勢、包丁やまな板の使い方、料理による火力の使い分け方など、力まず気負わない、正しい型を身につけ、料理をもっと楽に、楽しくする。 詳細⇒http://personal-chef.jp/2017/05/2516/
【実習】
五感を研ぎ澄まして食べてみる マインドセットして基本の料理を作る(実習)
×
今日から料理が美味しくなる!パーソナルシェフ直伝 基本の味

たった1日で本物の”味”が分かるようになる、基本の味講座

わが家の味ってこれで合ってる?出汁のひき方、昆布だし、椎茸出汁、野菜出汁、合わせだし、料理による使い分け方は? 本物の調味料の見分け方。今更聞けない、誰もちゃんとは教えてくれなかった基本の味、決め方について知り、我が家の「味」に自信をつけ、継承する。

【目標】
出汁の各ひき方と味を体験的に覚える。調味料の使い方、本物の味を体験的に覚える。
【課題】
基本の味がわからない、味に自信がない。味付けが決まらない。どれも同じ味になる。(楽しくない)
【講座の内容】
基本の出汁をひく(演習) 調味料の基本知識を知る、本物の見分け方 詳細⇒http://personal-chef.jp/2017/01/2118/
【実習】
出汁を引く 講師の味、他の受講生との味比べ
×
今備菜3品で15分!時短で美味しいパーソナルシェフが教えるアレンジのコツ

たった60分!常備菜3品から15品!時短で美味しい常備菜展開発想法

常備菜の使いこなしで、家庭料理力はぐんとアップする! 常備菜から展開メニューへ。 基本の常備菜から色んなメニューへ展開。余った食材を無駄なく活用する力、マンネリから抜け出す発想力を身につけると、日々の食事、お弁当づくりに余裕ができます。

【目標】
展開料理に使えるレシピの習得 展開の発想力を養成
【課題】
料理のバリエーションが少ない、いつもマンネリ 上記に伴い、考えたいけれど面倒が先に立ち、毎日の料理作りが面倒に
【講座の内容】
常備菜づくりの基本 使い回し術(展開力)の法則 詳細⇒http://personal-chef.jp/2017/05/2459/
【実習】
余った野菜で常備菜を自由につくる。 同じ1品の常備菜から展開メニューを考える 各自の発想の違いを知る
×
お名前
メールアドレス

TOP