パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

日本人の主食 お米 後編

お楽しみさまです!
一皿入魂のマクロビオティック・
パーソナルシェフ松本敏弘です。

 
前回に引き続き、

「お米」の種類について
お話をさせて頂きます。

白米、分づき米、玄米、発芽玄米と
紹介してきました。

さて次は、

●酵素玄米または醗酵玄米
 

腐らない。消化にいい。玄米の納豆版。

 

酵素の力で、玄米を吸収しやすい形に変えてくれ
栄養をほぼ全吸収。白米の半分の時間で消化。

 

酵素は熱で死んでしまうのでは?
と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょうが、

 

発酵玄米の菌は高温菌なので、
沸騰させて炊いた後も、
少しは生きています。

 

その生き残った菌が3-4日間、
70度前後の適温で保温している間に
増殖していきます。

 

3日間で酵素いっぱいの、
 

熟成したもちもち玄米に変身します。

 

そして驚きなのは一旦醗酵したご飯は腐らない!
どんどん熟成が進むだけで日が経っても
悪くなることはありません。

 

が、大きな難点があります。
長岡式酵素玄米に代表されるように、
その炊き方が大変面倒だということです。

 

圧力釜で特別な炊き方をする必要があり、
炊いた後の温度管理がとてもデリケートで
忙しい現代人にとって毎日続けるには、
かなりの努力を要します。

 

●発芽酵素玄米

発芽で活性化×生きた酵素たっぷり。
究極の主食。
酵素玄米
発芽玄米を発酵させるので、
発芽玄米や酵素玄米より、
さらに消化吸収に優れています。

 

酵素も一番豊富なので、
あまり噛まずに食べても消化によく
ほとんど胃もたれしません。

 

もちろん良く噛んだ方がいいです。

母乳が人間にとっての完全食だとすれば、
発酵発芽玄米はこの世の中に存在する
食べ物の中で、母乳に次いで完全食に最も近い

 

スーパーフードです。

 

逆に言えば、発芽醗酵玄米は

「発芽」「醗酵」のダブルの手間がかかります。
発芽玄米、酵素玄米にしても良いのはわかっていても
作るのに大変な手間と労力が必要です。

 

最近では炊飯器もますます進化して
酵素玄米を美味しく炊くためのタイプがあります。

 

我が家でもそんな炊飯器を活用して
酵素玄米ライフを楽しんでいます。

 

食べ物の質が変われば、
カラダが変わります。
その中でも日々の「主食の質」
を変えることが一番の方法です。

 

みなさんも
その日の気分、体調に合わせて
自分に合ったお米の種類を選んで
ごはんを楽しみましょう。

 

明日は、ボクが酵素玄米を食べている理由

をお届けします。

お楽しみに!

メルマガタイトルPC用

毎日スマホで学べるメール講座
登録はこちら→https://www.agentmail.jp/form/pg/1901/1/

 

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP