パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

こんなきれいなお米みたことない!

お楽しみさまです!
松本敏弘です。

さて、
主食は玄米がいい
そしてその質が大事です!

と常々言っています。

そこで、どんな玄米がいいんですか?
とよくご質問いただきます。

基本お米は好みです

もっちり系
甘みのある

さっぱり系
さらっとしている

など

自分の口にあうものを
選んでいただけばいいんです。

でも
オススメってあるじゃないですかぁ
と言われると思うので、

ハレルヤで使っている

千葉長生郡睦沢町で
中村善則さんのつくる
「中村米」をご紹介します。
mr_nakamura

おいしいお米
とは言いますが

きれいなお米って
あまり言わないと思います。

仕事柄毎日のように
お米を研いだり
炊いたりしますし

試食してみて欲しいと
よく送っていただいたりします。

そんな中で
中村さんのお米ほど
きれいなお米には
お目にかかったことがありません。

じゃあ
きれいってどういうこと?

ってなると思います。

まず
お米そのものが
汚れていないということ。

玄米は精米していないお米なので
時には籾殻が残っていたり

小さなごみや、場合によっては
藁くずから小石のようなものが
混ざっていたります。

そういったものが
全く無いんです。

中村さん曰く、

ウチは、
えらい上等な色彩選別機を入れてるからね~

と申されております。

米びつから
ザルにお米を移し
しばし眺めていると

粒ぞろいのお米たちが
お行儀よく並んで

洗われるのを
今か今かと待っているようです。

カワイイ^^

実際、洗米しても
水がほぼ汚れないです!

次にお米を作っている
環境がきれい。

中村米は
千葉県長生郡睦沢村とういう
とってものどかな風景で、

山に囲まれた空気の新鮮な
ミネラルたっぷりの山水によって
育まれています。

無農薬でつくるには
周りと遮断だれていることが重要です。

山あいで区切られた田んぼは
近くに工場も、ゴルフ場もなく
他からの影響を受ける事のなく

こだわりの米作りをするには
うってつけの場所です。

とんぼも
めだかも
蛍もいます。

みんな元気です^^

トドメは中村さんの人柄がきれいです。
見た目は普通に農家のオヤジです。

でも内面からあふれ出る人柄が
お米に移っているんでしょうね、

お米が微笑んでいる
ように見えます。

よくお米や、野菜は
産地や銘柄で選ぶといいますが、

最終的には
誰が作ったかに行きつきます

人に尽きる

というのが僕の持論です。

全ての食材について
誰が作ったのか
知るのは難しくても

主食になる玄米くらいは
誰が作ったか知っていても
いいんじゃないかな。

「いただきます」
っていう時に
その人のことを
思い浮かべていただく。

良くないですか?

余談ですが
中村米でつくった
餅も最高においしい!

のしもち、しんこもちと
我が家の冷凍庫には
年間を通して常備されています^^

というわけで
ここまで読んで
中村米に興味持った方

このメールに返信いただければ
専用の注文書をこっそり
お分けします。

こっそりです。

というのも
中村ライスファームは
中村善則さんが
おひとりで生産されています。

できる量に限りがあります。

だから大切な人にだけ
紹介しています。

一応HPもありますが
たぶん中村さん見てないです(笑)

そして
お値段もキレイです。

有機栽培で
ここまでこだわって
この値段はあり得ない!

中村さん、
自分の首絞めてないですか~?
と何度も聞き直しています。

いい人過ぎるんです。

あっ、

僕は中村さんのことを
変態的米作りオタク
と呼んでいます。

ちなみに
変態的というのは
最上級の褒め言葉ですから
誤解のないように(笑)

今日も
おいしいごはんと
お味噌汁があれば幸せ^^
引き続きご機嫌な一日を
お過ごしください。

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP