パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

料理で人を喜ばせられる人と、できない人の違い

今日も終日講座で
料理が大好きな人達と充実の一日でした。
この人達は 料理で人に喜んでもらうのが大好きです。
ホーム常備菜
では、
料理で人を喜ばせたいのなら
美味しいものを作れば喜んでもらえる!

 
本当に?
 
これまでも
美味しい料理を作るために
 
レシピ本をたくさん買った
レシピ通りに一生懸命作っている。
 
料理教室やスクールにもさんざん通って
テクニックや料理科学も身につけた。
 
家族の健康を一番に考え
オーガニック、有機食材にこだわって
日々料理を作っている。
 

これで美味しい料理になっているはずなのに・・・
 
 
食べた人が喜んでくれない
 
ちっとも健康にならない
 
幸せ度がアップしていない
 
残念な結果になっていませんか?
 
必ずしも
 
美味しいものを作れる人=料理で喜ばせられ人
 
ではありません。

 
料理で人を喜ばせる上で一番大切なこと
 
 
それは
 
 
料理をする時の「マインド」です。
 
「マインド」がズレていると

鉄板レシピで
どんなテクニックを使って
どんなに高級な食材を使っても

残念ながら
食べる人には響きません。

あなたの「マインド」
料理している時どっちを向いていますか?
 
 
自分の料理がどう思われるだろうか?
 
・おいしいって言ってもらえるだろうか?
 
・失敗したらどうしよう?
 
 
というように
自分に向かっているマインド?
 
それとも、
 
・子供たちが今日も健やかに
自分のやりたい事に打ち込めるように過ごして欲しい。
 
・夫が仕事で成果を出し、認められますように。
 
・両親がいつまでも健康で長生きできますように。
 
のように
食べる人に向かっているマインド?
 

この「マインドの向き」が

 
料理で人を喜ばせられる人と
できない人の違い
 
 
何を作るかよりも
誰にどんな風になって欲しいか
食べる人に寄り添って作る料理に変わった瞬間
あなたの料理は変わります。
 
では食べる人に寄り添って料理をつくると
一体料理の何が変わるのでしょう?
 
 
続きはまた明日。

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP