パーソナルシェフへの道

パーソナルシェフ認定講座の様子や最新情報をお届けします

普通って普通じゃないの?

お楽しみさまです、松本敏弘です。
 
 
質問です。
 
 
料理をつくる時に、
必ず食べる人に
好みを聞きますよね?
 
 
聞いていないとしたら
 
その料理は
単なる自己満足な料理で終わる
可能性大です。
 
 
例えばこんな質問です。
 
 
味付けは濃い方ですか?
それとも薄い方ですか?
 
 
食感は固い、柔らかい?
どっちが好きですか?
 
 
酸味、辛みの加減はどうですか?
 
 
で返ってくる答えが
 
「普通です」
 
あるあるですね。
 
 
 
こんな時
自分の「普通」に合わせて作ると
 
 
たいていは
 
「???」
 
ちょっと違うんですけど...
という反応が返ってきます。
 
 
相手の好みに合わせて
作ったはずなのに...
 
 
でもね、
あなたの普通と
相手の普通は
普通に違います^^
 
 
 
パーソナルシェフ養成講座では
こんな悲劇が起きないように
 
 
 
食べる人の好みを的確に聞き出す
食べる人の味覚チャートを使って
事前にヒアリングしていきます。
 
 
 
好みの曖昧さをなくし
食べる人のストライクゾーンを
的確に把握して料理します。
 
 
きのうの養成講座でも
 
よ~いドンで
料理実習がスタート
 
 
同じレシピ
同じ食材で作っても
出来上がりが違うのは当然です。
 
IMG_6949.JPG
 
IMG_6948.JPG
 
IMG_6946.JPG
大切なのは
レシピ通りに出来たかではなく、
 
 
食べる人のおいしさの
ストライクゾーンに
どれだけ近づけたかです。
 
 
自分にとっての
普通で満足していては
 
 
いつまで経っても
食べる人に喜んでもらえる
料理はできません。
 
 
何をつくるかよりも
誰の為につくるか。
 
 
あなたの料理を待っている人が
必ずあなたの街にいるはずです。
 
 
新プロジェクト
「あなたが街の
パーソナルシェフになる」
 
===========
 
料理で自立!
自分スタイル発見
〜料理をシゴト!
が叶う個別セッション〜
▼ ▼ ▼
 
============
 
いよいよ28日までです。
 
 
今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

最新5件の投稿

カテゴリー

過去の投稿

お名前
メールアドレス

TOP